先日、TVでtoto BIGで一等6億円を当選した人の体験談を放送していた番組がありました。

放送時間が深夜でしたので、予約録画して後日、のんびりとその番組を見ました。当選者は、当時、派遣社員で派遣先の契約も切れて無職状態。その時の預金残高はおよそ4千円ほど。どうやらご両親と同居していたアラフォーの独身男性でした。

毎回、10枚程度、toto BIGを購入していたようです。この時もいつものように売り場に抽選確認に行ったところ、普段ならすぐに済むのに、10分ほど待たされたあげく「おめでとうございます。

この紙にかかれている電話番号の支店まで連絡していただいて当選金をお受け取りください」などと言われて戸惑っている様子です。当選金額は6億円。

見ていて「ひゃー、すごいなあ…」と、思っていたら、当選者もガクブル状態で、見えている世界が違っている様子。

そりゃ、そんな大金と換金できる抽選券を持っていたら、そうなるよなあ…と、しみじみ思いました。それから受け取りまで二週間ほどかかる様子。へぇー、そうなんだ…なんて思いながら見ていると、携帯電話にに連絡がありました。

着信は銀行の支店長らしく「当選金が当店に振り込まれてきましたので、当店までお越しください」とのことでした。

どうやら、高額当選金額は、用意できる部署から振り込みで受け取る支店へと送金されて準備する様子でした。

なるほど、toto BIGで高額当選すると、こんな感じなんだなあ…と、しみじみ思いました。

Categories: Uncategorized

No Comments yet, be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です