今まで生きてきた中で、痛い思いをしたことが何度もありますが、一番痛かったのは骨折です。小学5年生の頃に、兄弟喧嘩をして足を骨折してしまいました。とんでもない激痛だったのですが、足を骨折しているとは思っていなかったので、その日は病院には行かず、そのまま就寝したのです。

しかし、翌朝になっても激痛は治まらず「これは異常だ」と親も感じ取り、病院に行きました。レントゲンを撮ってもらい、左足の大腿骨が骨折していることを知らされ、即日入院することになったのです。

入院期間は3~4ヶ月だったのですが、最初の1ヶ月は本当に苦痛で仕方がありませんでした。足は吊るされ寝たきり状態、突然訪れる激しい痛みに襲われる日々、正に地獄でした。完治したときは、もう二度と骨折はしないように気をつけようと思ったのですが、約一年後に再び骨折してしまいました。
再び骨折した箇所は、前回とは逆の右足大腿骨でしたが、前回ほど酷くはなかったので、少し治るのが早かったです。

それから現在に至るまで幸い骨折はしていませんが、2回も骨折しているので、かなりトラウマになっています。私にとって骨折はそれほど怖いものなので、牛乳などカルシウムを積極的に摂取し、骨を強く保つことを心掛けています。

Categories: Uncategorized

No Comments yet, be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です